<第43回 にいがた未来塾 ご案内>

notoゲスト講師・新潟総踊り祭実行委員会 副会長

       株式会社サイト 代表取締役社長  

??????????????????????? 能登 剛史 氏

?テーマ・「新潟愛」

     ?我々は何者か、そして何ができるのか?

?

■期日:平成23年12月26日(月)

■時 間:19:00開始(18:30開場)

■会 場:clubジョイア・ミーア 

新潟市中央区東堀通7番町1016-1

TEL:025-224-2588

講 師:新潟総踊り祭実行委員会 副会長

     株式会社サイト 代表取締役社長  

     能登 剛史?

?

[ 講師プロフィール ]

?   1973年生まれ。秋田県能代市出身。
   高校生で初渡米、同世代の個性きらめくさまに触発され、18歳でニューヨークへ留学。

??????帰国後、会社勤めの傍ら地域づくりや環境問題など様々なボランティア活動を経験。
 ??? 2001年に現代よさこいの産みの親である國友須賀氏と出会い、共鳴する仲間と「新潟

??????総踊り祭」を立ち上げ。

?

?????? 2002年新潟商工会議所と新潟総踊り祭実行委員会(会長=新潟商工会議所会頭)を

???????設立し副会長に就任する。同年第1回新潟総踊り祭は50団体2500名が参加。

?

?????? 2004年新潟でかつて行われていた盆踊りを現代的に再現しようと新潟下駄総踊りを

???????制作し県内外、海外でも公演。2010年の第9回では参加者1万3000人、観客32万人、

???????経済効果34億円となる。

?
 ??? 2011年フランスナント市で現地学生らとフランス事務所を開設。世界発信を目指す。

????? 2011年11月 第6回安吾賞(新潟市特別賞)に、「新潟総踊り祭実行委員会」副会長

??????として受賞されました。

?

■参加費:2,000円(懇親会費)

■申 込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)にお申込。または、にいがた未来塾

HP http://www.niigata-miraijuku.jp/ からお申込みください。

■備 考:本会は満20歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事までお問い合わせ下さい。

<プログラム>

18:30 開場/受付開始

19:00 グループディスカッション開始

19:30 能登 様 ご講演   

20:20 インターミッション (お料理、お飲み物をお召し上がり下さい)

20:35 グループ発表    (代表者がディスカッションでの意見を発表します)

21:00 能登 様と池田塾長のトークセッション

21:30 能登 様との名刺交換 / フリーディスカッション

22:00 終了

?

 

第43回にいがた未来塾、今回の講師は、新潟総踊り祭実行委員会副会長、株式会社サイト代表取締役社長の能登剛史さん、「新潟愛?我々は何者か、そして何ができるのか?」をテーマに開催します。

能登さんの見る新潟は、豊かな経済力がとても魅力的な文化を生み出してきた街です。江戸期から明治にかけては、人口においても金の産出量においても、トップクラスの豊かさを誇ってきました。そうした豊かさはおもてなしの精神を生み、歌舞伎などの芸能を発達させました。こうしたアイデンティティーを持った街です。

能登さんはその魅力的な遺伝子を受け継いで何かやりたいと考えていました。そして、300年前にあった、三日三晩、樽砧のリズムに合わせて踊り明かす自由な祭りの精神を、現代に復活させたのが「にいがた総おどり」です。

能登さんは、新潟とはどんな存在なのか、自分たちが何者であるのかを考え抜いて、初めて総おどりの本当の意味を、日本や世界に伝えることができるとしています。

そしてこうも言っています。「我々新潟の人間が何かビジネスをやろうとする場合、自分たちが何者であるかを考え抜くかどうかで、生み出す商品やサービスが全く違ってくると思います。その原点を意識する事で世界への道が開けると思うのです。風土や習慣が培ってきたものをキチンと考え、精神性を養ってきた歴史をきちんと考えなければ、新潟を『オンリー1』の都市にすることなどできるわけがないと思います」

それが今回のテーマ「新潟愛?我々は何者かそして何ができるのか?」です。

能登さんが社長を務める「サイト」は、お祭りを中心にしたビジネスモデルで、設立以来8年連続で黒字を維持してきました。残念ながら今年は、震災の影響で連続黒字にストップがかかる見通しです。「にいがた総おどり」は、1万5000人が参加し、観客42万人を数えるまでに成長しました。

国内ではおどりの教室を全国展開していく予定で、既に新潟市内3か所に開設、今後は県内、全国へと広げて行きます。そして、総おどりは今後、劇場などを使った屋内バージョンを加えていく方針で、来年は東京で、翌年には金沢、その翌年にはフランスでの開催を予定しています。今年の4月にはフランスのナント市にも事務所を構え、イベントを開催していく拠点にする計画です。

 第6回の安吾賞特別賞を受賞した能登さん、彼を講師に迎え、にいがた未来塾を開催いたします。

にいがた未来塾 塾長 池田 弘