<第16回にいがた未来塾のご案内>

ゲスト講師:株式会社ハードオフコーポレーション代表取締役会長兼社長 山本善政氏
テーマ:「企業と社会を考える」

kao■期日:平成21年9月28日(月)
■時間:19:00開始(18:30開場)
■会場:clubジョイア・ミーア(新潟市中央区東堀通7番町1016-1/TEL:025-224-2588)
■講師:株式会社ハードオフコーポレーション
代表取締役会長兼社長 山本善政 氏

[講師プロフィール]
1948年 新潟県生まれ
1972年 (株)サウンド北越を設立し、以降オーディオ専門店5店舗を展開
1993年 リユース品を扱う「ハードオフ」に業態変換
1995年 社名を(株)ハードオフコーポレーションに変更
2000年11月 ジャスダック市場に株式を上場
2004年 2月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2005年 3月 東京証券取引所市場第一部に指定替え
2008年 5月 全国600店舗を達成

■参加費:3,000円(懇親会費)
■申込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)または、n.mirai_jyuku@live.jp へお申込みください。
■備考:本会は満20歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事までお問い合わせ下さい。

【プログラム】
18:30/開場。受付開始
19:00/グループディスカッション開始
19:30/山本様ご講演
20:20/インターミッション(お料理、お飲み物をご準備下さい)
20:35/グループ発表 (代表者がディスカッションでの意見を発表します)
21:00/山本様と池田塾長のトークセッション
21:30/フリーディスカッション
22:00/終了

以上


第16回目のにいがた未来塾、ゲスト講師は、株式会社ハードオフコーポレーション代表取締役会長兼社長山本善政(やまもとよしまさ)さんです。

山本さんは、一代で株式会社ハードオフコーポレーションを東証1部上場企業に育て上げた立志伝中の人物です。

山本さんは1972年24歳の時、新発田市にオーディオ専門店(株)サウンド北越を設立しました。創立から20年、店舗も5つにまで増やし、順調にいっていたと思えた矢先に事業は暗転します。わずか4、5ヶ月の間に売り上げが半減したのです。

「マジメにやってきたのに、何故・・・」倒産もありえる厳しい現実でしたが、そこで自分のビジネスを熟考してみました。すると、自分の都合だけで物事を考え、ビジネスを行っていたのではないかと思うに至ったのです。

自分のやってきたビジネスを社会は必要としていたのか?そして出した結論は、「社会に求められること以外、ビジネスが成り立つ道はない!」ということでした。

社会に役立つビジネスとは何か。サウンド北越時代に、オーディオ製品の下取りの中古市を時々開いたら、ものすごく売れたことを思い出しました。これからはエコの時代、モノを大切にするビジネスは、大いに社会性があるのではないか。

1993年、リユース品を扱う「ハードオフ」に業態転換し、現在は全国で600を超える店舗を擁するに至っています。7,000人の社員が山本社長の打ち出した理念のもとで働いています。ハードオフの掲げている経営理念、それは次の4つです。

「1.社会のためになるか 2.お客様のためになるか 3.社員のためになるか 4.会社のためになるか」

ハードオフには、この4つの条件すべてを満たすビジネス以外は手がけないという、確固たる方針があるのです。

山本社長曰く、「ビジネスプランを先に立てるべきではない、まずどのような形で社会の役に立ちたいのかを考えるべきだ」。商品を売ろう儲けようではなくて、まず第一に考えるべきことは社会への貢献というわけです。それさえ明確化できればどんどんやるべき事も見えてくるし、苦しい時も乗り切れるとおっしゃいます。

塾生の皆さんの中には、起業を視野に入れている方も多いと思います。かく言う私も起業家の一人です。事業とはいかにあるべきなのか、それを考える舞台と役者は揃いました。大いに意見交換をしようではありませんか。

今回もたくさんの参加者を期待しております。

にいがた未来塾 塾長 池田弘