<第28回にいがた未来塾のご案内>

ゲスト講師・新潟県副知事 大野裕夫氏

テーマ・「新潟の素晴らしさをもっと売り出そう」

■期 日:平成22年9月27日(月)photo08
■時 間:19:00開始(18:30開場)
■会 場:clubジョイア・ミーア
新潟市中央区東堀通7番町1016-1
TEL:025-224-2588

■講 師:新潟県副知事

大野 裕夫  様

[講師プロフィール]

昭和29年 5月 千葉県生れ
  52年 3月 東京大学法学部卒業
      4月 運輸省入省
平成 3年 4月 国際観光振興会ニューヨーク観光宣伝事務所
   5年 7月 運輸政策局観光部企画課観光企画調整官
   6年 4月 運輸政策局観光部企画課国際業務室長
   7年 1月 中部運輸局企画部長、その後自動車交通局保障課長、
         運輸政策局環境・海洋課長、国土交通省総合政策局環境・海洋課長
         東北運輸局次長、北陸信越運輸局長を経て
  18年 7月 国土交通省大臣官房審議官(海事局、港湾局併任)
  19年 7月 国土交通省海事局次長
  21年 7月 国土交通省大臣官房運輸安全政策審議官
  22年 4月 新潟県副知事

■参加費:2,000円(懇親会費)

■申 込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)にお申込。または、

にいがた未来塾ホームページ http://www.niigata-miraijuku.jp/

からお申込みください。

■備 考:本会は満20歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。

40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事までお問い合わせ下さい。

<プログラム>

18:30 開場/受付開始

19:00 グループディスカッション開始

19:30 大野様ご講演

20:20 インターミッション(お料理、お飲み物をお召し上がり下さい)

20:35 グループ発表 (代表者がディスカッションでの意見を発表します)

21:00 大野様と池田塾長のトークセッション

21:30 大野様との名刺交換 / フリーディスカッション

22:00 終了

以上

第28回にいがた未来塾、講師は新潟県副知事の大野裕夫さん。

「新潟の素晴らしさをもっと売り出そう」をテーマに開催します。

日本で新潟ほど食べ物の美味しいところはない!野菜もとびきりうまい!もはやルーテシアのケーキがなくては生きていけない・・・とおっしゃる新潟ひいきで、名刺に燕の背脂ラーメンやへぎ蕎麦の写真を刷り込んで県内外を飛び回っておられるのが、次回の講師をお願いする新潟県副知事の大野裕夫さんです。

大野さんはこの春、観光振興や交通、農林水産などの担当として就任されました。千葉県のご出身で、東大をご卒業後昭和52年に旧運輸省に入省、海洋や観光畑を歩かれ平成16年2月からの2年5ヶ月間は北陸信越運輸局長として新潟市で在勤されました。

局長時代に強烈な印象を受け、今回副知事として着任後に再確認されたのが新潟のポテンシャルでした。

曰く、「新潟はとにかく美味しいものに満ち溢れている。米とお酒は日本一、そして実は野菜も日本一。素材も良し、外で食べてもまた良し。ないものをねだってもだめ、あるものの活用を図るべし、街の色気では仙台に敵わないが、食では勝てる。」

大野さんはもちろんご専門の観光面でも、新潟を鋭く観察し自論をお持ちです。

曰く、「新潟にはその素晴らしさがほとんど知られていない店がたくさんある。素晴らしい野菜を売っている豊栄の『わくわく広場』は、看板すら立てておらず地元の人しか分からない。素晴らしい和のスイーツのお店、長岡市の『江口だんご』は、幹線道路沿いのわかり易いところにあるにもかかわらず、新潟市の人で知っている人は少ない。豊かな土地柄で宣伝なんかしなくても生きていけたのが新潟だったが、これを観光に結びつけるにはもっと宣伝が必要。ビザの緩和された中国からも地理的に好条件にあり、新潟の素晴らしいあれこれをアピールして中国へ売り込みかけ、2年で答えを出したい。」

素晴らしいものの宝庫、新潟をもっと売っていくためにはどうすれば良いのか、それが今回のテーマです。大いに論を出し合って、豊かな新潟をもっと売り込む方法について考えてみようではありませんか。たくさんのご参加をお待ちしています。

にいがた未来塾 塾長 池田 弘