<第25回にいがた未来塾のご案内>

ゲスト講師・経済産業省関東経済産業局 局長 ?原一郎氏
テーマ・「経済産業政策って何??『経済構造改革』の今?」

25回写真■期 日:平成22年6月28日(月)
■時 間:19:00開始(18:30開場)
■会 場:clubジョイア・ミーア 
新潟市中央区東堀通7番町1016-1
TEL:025-224-2588

■講 師:経済産業省
関東経済産業局長
?原 一郎  様

?[講師プロフィール]
昭和31年 6月8日生 東京都出身
昭和53年10月 国家公務員採用甲種(法律)試験合格
昭和54年 3月 東京大学法学部 卒業
昭和54年 4月 通商産業省入省(通商政策局総務課)
通商政策局、基礎産業局、生活産業局、立地公害局、貿易局、産業政策局、
大臣官房、富山県、資源エネルギー庁などを経て
平成20年 7月 中小企業庁次長
平成21年 7月 関東経済産業局長

■参加費:2,000円(懇親会費)
■申 込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)にお申込。または、
にいがた未来塾ホームページn.mirai_jyuku@live.jpからお申込みください。
■備 考:本会は満20歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。
40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事までお問い合わせ下さい。?

<プログラム>
18:30 開場/受付開始
19:00 グループディスカッション開始
19:30 ?原様ご講演
20:20 インターミッション(お料理、お飲み物をお召し上がり下さい)
20:35 グループ発表 (代表者がディスカッションでの意見を発表します)
21:00 ?原様と池田塾長のトークセッション
21:30 ?原様との名刺交換 / フリーディスカッション
22:00 終了

?

以上

第24回にいがた未来塾、講師は経済産業省関東経済産業局局長の?原一郎さん。
「経済産業政策って何??『経済構造改革』の今?」をテーマに開催します。

「戦後の日本はずっと『輸出モデル』で成功してきました。またバブル崩壊を経た2000年以降の日本も、たまたま輸出が好調で復活しました。しかしそこに安住し世界の流れに遅れてしまったのです。これからは、『輸出依存モデル』も逆に『輸入防御モデル』も成り立たないグローバルな時代になります。資本は日本で作るのは中国、逆に資本は中国で作るのが日本、など何でもありで柔軟に対応していかねばならない時代になるのです。事業形態においても例えば農業や商業の枠を超えたコラボなど、とにかく既存概念を壊していかないと生き残っていけない時代になると思います。」

こう話されるのは、次回の未来塾で講師をお願いする経産省の?原局長です。

?原さんは東大法学部卒業後、通産省に入省し中小企業庁や産業政策局、内閣官房、資源エネルギー庁などを経て、昨年7月から現職です。40代でも通るほどの若々しさは(53歳だそうです)容貌だけではありません。実に明るく柔らかく人に接し、好印象を与えることの出来る方です。物事の考え方においても非常に柔軟な印象を受けます。

経済大国日本を司令塔として牽引した通産省ですが、?原さんが語る「通産省」は、多くの間違い・勘違いもした省庁で、反省すべきは反省し進むべき日本の未来を考える、というのが?原さんのスタンスです。
そんな?原さんが今回のご講演で、組織としてではなく、個人としてどう考えているのかをお話してくださるというのですから、実に楽しみではありませんか。実態経済を数字で説明するというやり方ではなく、通産省で見聞きしてきたこと、感じてこられたことを主観的に語ってくださるというのです。

組織の歴史も国の歴史も、数字で表されることには一面の(表面的な?)事実でしかありません。中枢を見て歩いてきた視点からのお話を聞く機会はとても貴重だと思います。

日本はいかにして成功を収めたのか、間違ったのはどの部分でそれは何故なのか、これからどんな道が待ち、我々はどんな選択をすべきなのか。次回のにいがた未来塾は、新潟から離れて日本や世界を俯瞰するテーマで開催します。時代を担う皆さん、是非ご参加ください。

にいがた未来塾 塾長 池田 弘?