<第108回 にいがた未来塾 ご案内>

講師・株式会社うずのくに南あわじ

取締役 金山宏樹 氏

テーマ・「売り上げを倍増させる仕掛けづくり」金山様

■期 日:平成29年5月22日(月)

■時 間:19:00開始(18:30開場)

■会 場:clubジョイア・ミーア

新潟市中央区東堀通7番町1016-1

TEL:025-224-2588

[ 講師プロフィール ]

※一般財団法人プロジェクションマッピング協会理事、新潟アートディレクターズクラブ会員、NPO法人にいがたデジタルコンテンツ推進協議会幹事
1983年00 兵庫県南あわじ市(淡路島)生まれ。
0000年00 高校卒業後、淡路人形浄瑠璃の淡路人形座にて、
0000年00 5年間人形遣いとして働いた後、同社で1年間勤務。
0000年00 島を出て、大阪・東京で営業職に携わる。
2012年5月 島に戻り株式会社うずのくに南あわじ入社。
2014年6月 食事業部の取締役に就任。
「道の駅うずしお」と「うずの丘大鳴門橋記念館」の二つの施設を運営する会社の業績を4年間で8億円弱から14億5000万円にあげた実績から、全国からの視察も絶えない道の駅、レストランになっている。たった4年で運営レストランの売上を500%UPさせた仕掛けや、物販の「買いたくなる」お買い場づくりの手法を開示するセミナーやコンサルティング等も行っている。

■参加費:2,000円(懇親会費)

■申 込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)にお申込。または、にいがた未来塾HP http://www.niigata-miraijuku.jp/ からお申込みください。

■備 考:本会は満18歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事までお問い合わせ下さい。

<プログラム>

18:30 開場/受付開始

19:00 開会/ご講演

20:30 グループディスカッション
00:00(お料理、お飲み物をお召し上がり下さい)

20:50 金山様と葉葺塾長のトークセッション

21:30 金山様との名刺交換 / フリーディスカッション

22:00 終了

次回のにいがた未来塾は株式会社うずのくに南あわじ 取締役 金山宏樹さんを講師としてお迎えします。株式会社うずのくに南あわじは「道の駅うずしお」と「うずの丘大鳴門橋記念館」の二つの施設を運営しています。また、それらの施設では全国ご当地バーガーグランプリで第一位を獲得したあわじ島バーガーの販売も行っています。
金山さんは淡路島を舞台に、「わざわざ行きたくなる」「思わず買いたくなる」「ついついシェアしたくなる」仕掛けを行い、ローカルから全国へ広がる話題を、絶えず創りだしていらっしゃいます。
例えば玉ねぎで有名な淡路島の”驚くような”魅力を発信するキャンペーン「おっタマげ!淡路島」もその一つです。本物の玉ねぎを使用したクレーンゲーム「たまねぎキャッチャー」や「巨大玉ねぎのオブジェ」など、ついSNSに投稿したくなるような事を仕掛けます。「たまねぎキャッチャー」は「淡路島、狂ってる。」という秀逸なコピーとともにその写真がSNSに投稿されると、またたく間に8,000以上もリツイートとされ、一気に話題になりました。また、淡路島の食の魅力を発信するために金山さんが手掛けたモノに海鮮丼があります。従来は一般的なマグロなどを使用した赤い海鮮丼を提供していました。それでは淡路島の魅力を出し切れていないと感じた金山さんは、すべて淡路島産の刺身にすることができないかと料理長に相談をしました。すべて淡島産のものにすると白身の刺身だけになってしまいました。金山さんは淡路島産のものしか使用していないというストーリーとともに「白い海鮮丼」として売り出し、現在では名物メニューの一つになりました。
こうした取り組みの結果、金山さんは会社の業績を4年間で、8億から14億にのばし、レストラン事業の売上を500%UPさせたうずのくに南あわじは全国からの視察も絶えない道の駅、レストランになっています。当日は金山さんから「地域の稼ぐ力」をいかに伸ばすか、その秘訣について聞いてみたいと思います。
にいがた未来塾 塾長 葉葺正幸