<第98回 にいがた未来塾 ご案内>

講師:田中会長写真
亀田製菓株式会社 代表取締役会長 CEO 田中通泰 氏

テーマ:
「 グローバル・フード・カンパニーを目指して 」

■期 日:平成28年7月25日(月)

■時 間:19:00開始(18:30開場)

■会 場:clubジョイア・ミーア

新潟市中央区東堀通7番町1016-1

TEL:025-224-2588

[ 講師プロフィール ]

1945年 8月  東京都出身
1968年  3月  慶應義塾大学法学部卒業 
1968年  4月  株式会社日本長期信用銀行(現株式会社新生銀行)入行
1992年  3月  同行企業金融部長 
1995年10月   同行外国営業部長 
1998年10月    亀田製菓株式会社入社 
1999年  6月    取締役ロジスティクス本部副本部長 
2000年  4月    取締役経営統括本部長 
2003年  7月    取締役専務執行役員経営統括本部長 
2006年  6月    代表取締役社長
2015年 6月  代表取締役会長 CEO
■参加費:2,000円(懇親会費)

■申 込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)にお申込。または、にいがた未来塾HP http://www.niigata-miraijuku.jp/ からお申込みください。

■備 考:本会は満18歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事までお問い合わせ下さい。

<プログラム>

18:30 開場/受付開始

19:00 グループディスカッション開始

19:30 田中様 ご講演

20:20 インターミッション (お料理、お飲み物をお召し上がり下さい)

20:35 グループ発表    (代表者がディスカッションでの意見を発表します)

21:00 田中様と葉葺塾長のトークセッション

21:30 田中様との名刺交換 / フリーディスカッション

22:00 終了

次回のにいがた未来塾の講師は、亀田製菓株式会社代表取締役会長CEO田中通泰さんです。亀田製菓は皆さんご存知の「ハッピーターン」や「亀田の柿の種」などの人気商品で知られる米菓、菓子メーカーで新潟市江南区に本社を置いています。米菓メーカーでは日本国内最大手です。

亀田製菓は1940年代、亀田町の農家が共同出資で亀田郷農民組合を結成し、農産物の委託加工所を立ち上げたことに起源を持ちます。立ち上げ当初は「男性は酒を楽しむが、女性や子どもにも、何か楽しめるものができないだろうか」という目的で米を原料に水飴を作っていました。その後「米からみんなが楽しめるものを」ということでせんべいの製造も開始します。これが大変好評で売り上げが水飴を上回るようになりました。1950年には製造品目を水飴から米菓に転換し、1957年にこの組合を母体とし、本格的な米菓メーカーとして亀田製菓株式会社が設立されました。1961年にあられ「サラダホープ」の製造を開始。記録的な売り上げを記録し亀田製菓の基礎を築きました。

サラダホープはほぼ新潟県内だけの限定販売となっています。最初から地域限定を意識していた訳ではなく、最初は全国販売を視野に開発し、販売していました。ところが予想を上回る売れ行きで製造が追いつかなくなり、やむを得ず県外出荷を停止するほどのヒット商品でした。

亀田製菓はその後も次々と新しい商品を開発しました。従来のおせんべいとは異なる洋風の甘いお菓子のような味のおせんべいをコンセプトに開発された「ハッピーターン」や「ピーナッツ入り柿の種」、「亀田のまがりせんべい」、「ぽたぽた焼」などのヒット商品を作り続け日本国内最大手の米菓メーカーとなっています。

次回のにいがた未来塾は新潟に拠点を置く業界ナンバー1企業であり海外にも積極的に進出を行っている企業のトップ田中会長から亀田製菓が発展を遂げてきた歴史や、更なる発展を遂げるために社員に求めていることなどお話しいただきたいと思います。大変貴重な機会となりますので、ぜひみなさんのご参加をお待ちしています。

にいがた未来塾 塾長 葉葺正幸

1945年 8月  東京都出身

1968年 3月  慶應義塾大学法学部卒業

1968年 4月  株式会社日本長期信用銀行(現株式会社新生銀行)入行

1992年 3月  同行企業金融部長

1995年10月 同行外国営業部長

1998年10月 亀田製菓株式会社入社

1999年 6月 取締役ロジスティクス本部副本部長

2000年 4月 取締役経営統括本部長

2003年 7月 取締役専務執行役員経営統括本部長

2006年 6月 代表取締役社長

2015年 6月  代表取締役会長 CEO