<第81回 にいがた未来塾 ご案内>

ゲスト講師・株式会社アルビレックス新潟 代表取締役社長 田村貢 氏

アルビレックス新潟サッカースクールコーチ 内田潤  氏

テーマ・「 アルビレックス新潟ドリームクラブ」

■期 日:平成27年 2月23日(月)

■時 間:19:00開始(18:30開場)

■会 場:clubジョイア・ミーア

新潟市中央区東堀通7番町1016-1

TEL:025-224-2588

■講 師:株式会社アルビレックス新潟 代表取締役社長 田村貢 様

アルビレックス新潟サッカースクールコーチ 内田潤 様

[ 講師プロフィール ]

株式会社アルビレックス新潟図1

代表取締役社長 田村 貢 氏

1962年 新潟市生まれ
1984年 新潟大学商業短期大学部経営学科 卒業
1984年 和田公認会計士事務所 入社
1995年 アルビレオ新潟 法人設立準備室 入社
1999年 (株)アルビレックス新潟 取締役 就任
2009年 同 代表取締役社長 就任
2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会、2009年Jリーグ実行委員
サッカー歴 新潟市立南浜中学(全国中学サッカー選手権出場)、新潟明訓高等学校サッカー部、新潟イレブンサッカークラブ所属(1983年?1993年 天皇杯全日本サッカー選手権大会出場4回、国民体育大会出場など)
1962年 新潟市生まれ
1984年 新潟大学商業短期大学部経営学科 卒業
1984年 和田公認会計士事務所 入社
1995年 アルビレオ新潟 法人設立準備室 入社
1999年 (株)アルビレックス新潟 取締役 就任
2009年 同 代表取締役社長 就任
2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会、2009年Jリーグ実行委員
サッカー歴 新潟市立南浜中学(全国中学サッカー選手権出場)、新潟明訓高等学校サッカー部、新潟イレブンサッカークラブ所属(1983年 1993年 天皇杯全日本サッカー選手権大会出場4回、国民体育大会出場など)

アルビレックス新潟サッカースクールコーチ

内田 潤 氏図2

1977年10月14日、兵庫県生まれ。
サッカーの名門・桐蔭学園高校(神奈川)から駒沢大学を経て、2000年に鹿島アントラーズに加入。右サイドバックを主戦場に、左サイドバック、センターバック、ボランチもこなすユーティリティプレーヤーとして活躍。
2006年6月より、アルビレックス新潟に加入をすると、中心選手としてチームの躍進に貢献。
2008年から2010年まで選手会長を務め、2013年から2014年にかけて行われた「新潟J1昇格10周年記念」のサポーター投票において「夢のイレブン」に選出される。
2013年のシーズンを最後に現役を引退し、アルビレックス新潟アカデミーコーチに就任。

■参加費:2,000円(懇親会費)

■申 込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)にお申込。または、にいがた未来塾HP http://www.niigata-miraijuku.jp/ からお申込みください。

■備 考:本会は満18歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事までお問い合わせ下さい。

<プログラム>

18:30 開場/受付開始

19:00 グループディスカッション開始

19:30 田村 様 内田 様 ご講演

20:25 インターミッション (お料理、お飲み物をお召し上がり下さい)

20:35 グループ発表    (代表者がディスカッションでの意見を発表します)

21:00 田村 様 内田 様と葉葺塾長のトークセッション

21:30 田村 様 内田 様との名刺交換 / フリーディスカッション

22:00 終了

次回のにいがた未来塾は株式会社アルビレックス新潟代表取締役社長田村貢さんとアルビレックス新潟サッカースクールコーチ内田潤さんをお迎えしご講演いただきます。

田村社長は新潟市に生まれ、アルビレックス新潟の前身となる社会人クラブ新潟イレブンでプレーヤーとして活躍し、1995年にアルビレオ新潟に入社し、アルビレックス新潟の立ち上げに関わりました。その後、2009年にJリーグ専務理事に転出した中野前社長の後任として代表取締役社長に就任しました。

内田コーチは2000年に鹿島アントラーズに入団し2006年にアルビレックス新潟へ移籍。新潟では主に右サイドバックとして7年半プレーした人気選手でした。現役引退後の2014年よりアルビレックス新潟アカデミーのコーチに就任しました。

アルビレックス新潟は酒井高徳選手のような世界に羽ばたく選手も輩出し、毎年アカデミー組織からトップチームに昇格する選手も増えており、「育成型クラブ」として着実に歩みを進めています。その取り組みのシンボルとして昨シーズンから「アルビレックス新潟ドリームクラブ」を立ち上げました。サッカークリニックなどの草の根活動から将来のトップチームになりうる選手の育成・強化まで、新潟のスポーツ文化に貢献する組織です。その活動は「サッカー教室」、「ゆめ授業」、「サッカースクール」、「各種大会開催」など多岐にわたります。このような仕組みはセレッソ大阪や湘南ベルマーレでも既に行われており、両クラブでは選手の育成に成果を上げ海外で活躍するプレイヤーや代表選手を数多く輩出しています。

「アルビレックス新潟ドリームクラブ」ではアカデミーで育つ子供たちの夢を叶えるための個人協賛組織として「ゆめサポートメンバー」を設立しました。アルビレックスでは以前からグローバルな視野を身に付けるため、ユース世代の海外遠征を積極的に行ってきましたが、海外遠征に参加する選手の保護者の経済的負担は大きなものとなります。例えば「アルビレックス新潟ドリームクラブ」が遠征費の一部を補助することで保護者の負担を軽減し、より多くの選手に成長のチャンスを与えることが出来るようになります。コーチの内田さんからはこの仕組みが持つ可能性を現場の視点からお話しいただきたいと思います。

次回にいがた未来塾は新潟から世界で活躍するプレイヤーが続々と輩出される可能性について面白いお話が聞けると思います。ぜひ新潟のサッカーの未来について一緒に考えてみましょう。

にいがた未来塾 塾長 葉葺正幸