<第77回 にいがた未来塾 ご案内>

ゲスト講師・株式会社ハードオフコーポレーション

代表取締役会長兼社長 山本善政 氏

テーマ・「 どうやって社会に貢献するか」

■期 日:平成26年10月27日(月)山本会長

■時 間:19:00開始(18:30開場)

■会 場:clubジョイア・ミーア

新潟市中央区東堀通7番町1016-1

TEL:025-224-2588

■講 師:株式会社ハードオフコーポレーション

代表取締役会長兼社長 山本善政 氏

[ 講師プロフィール ]

1972年 (株)サウンド北越を設立し、以降オーディオ専門店5店舗を展開
1993年 リユース品を扱う「ハードオフ」に業態変換
1995年 社名を(株)ハードオフコーポレーションに変更
2000年11月 ジャスダック市場に株式を上場
2004年 2月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2005年 3月 東京証券取引所市場第一部に指定替え
2013年 9月 直営・FC店舗数が700店舗を達成

【主な公職】
日本リユース業協会会長、(一社)日本フランチャイズチェーン協会会長、新潟経済同友会代表幹事、
事業創造大学院大学客員教授

■参加費:2,000円(懇親会費)

■申 込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)にお申込。または、にいがた未来塾HP http://www.niigata-miraijuku.jp/ からお申込みください。

■備 考:本会は満18歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事までお問い合わせ下さい。

<プログラム>

18:30 開場/受付開始

19:00 グループディスカッション開始

19:25 山本 様 ご講演

20:25 インターミッション (お料理、お飲み物をお召し上がり下さい)

20:35 グループ発表    (代表者がディスカッションでの意見を発表します)

21:00 山本 様と葉葺塾長のトークセッション

21:30 山本 様との名刺交換 / フリーディスカッション

22:00 終了

次回のにいがた未来塾講師は、株式会社ハードオフコーポレーション代表取締役会長兼社長山本善政さんです。ハードオフは不要になり家庭で眠っているものを買い取り、リペア・メンテナンス・クリーニングを行い販売するリユース専門店をチェーン展開する会社です。

ハードオフはそれまでの「汚い、臭い、感じ悪い、カッコ悪い、危険」といったリサイクル店のネガティブなイメージを払しょくし、明るくきれいで元気のいい店舗づくりを信条としています。大量消費からエコで循環型の社会への変化を捉え飛躍し、まさにリユース界のリーディングカンパニーとして発展しています。また中古品に安心感を与えるために品質保証をつけるということにも全国で初めて取り組みました。家電やカメラ、楽器をはじめ、洋服、家具、車用品、おもちゃなど様々なリユース店を展開し、現在では直営店、FC店合わせ全国に770店舗以上出店し2020年までに1000店舗、2030年までに1500店舗達成を目指しています。

ハードオフを一代で東証一部上場企業に育てた山本さんですが最初から全て順調に進んだ訳ではありません。山本さんは24歳の時に新発田市にオーディオ専門店(株)サウンド北越を創業しました。創業から20年間事業は順調に進み5店舗まで事業を拡大しますが、バブルの崩壊で状況は一変します。半年程で売り上げが半減し、そのままオーディオ専門店を続けることは困難で、倒産もあり得る状況になりました。その時山本さんはなぜこのような状況になったのか自分のビジネスを白紙の状態から考え直しました。その結果、「今までは自分の都合でビジネスを行っていたのではないか、社会から本当に必要とされるビジネスでなければ継続していけない」ということに気付きリユース業への業態転換に舵をきります。その時たどり着いた4つのキーワードが会社の企業理念になり、これを満たす事業としてハードオフが生まれました。

1.社会のためになるか
2.お客様のためになるか
3.社員・スタッフのためになるか
4.会社のためになるか

優先順位は1から4の順番で、全てを満たすものであることが必要。経営理念を重視しそれを実践することで、売り上げ、利益は後からついて来ると山本さんは言います。

次回、にいがた未来塾は立志伝中の人山本さんに経営者としてピンチを乗り越え事業を継続し、発展させてきた道のりを語っていただきたいと思います。

にいがた未来塾 塾長 葉葺正幸