<第60回 にいがた未来塾 ご案内>

ゲスト講師・日本貿易振興機構(ジェトロ) 新潟貿易情報センター

所長 中島 紳行 様

テーマ・「 海外でのビジネスに必要な視点 」nakajima

■期 日:平成25年5月27日(月)

■時 間:19:00開始(18:30開場)

■会 場:clubジョイア・ミーア

新潟市中央区東堀通7番町1016-1

TEL:025-224-2588

■講 師:日本貿易振興機構(ジェトロ) 新潟貿易情報センター

所長 中島 紳行 様

[ 講師プロフィール ]

1994年4月  日本貿易振興会(ジェトロ、現日本貿易振興機構)入会
1998年10月 ジェトロ千葉貿易情報センター 係長
2000年10月 ジェトロハラレ事務所 所長
2008年4月 ジェトロアジア経済研究所研究管理課長
2010年2月 ジェトロ企画部事業推進主幹(中東アフリカ担当)
2012年5月 現職 ジェトロ新潟貿易情報センター 所長

■参加費:2,000円(懇親会費)

■申 込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)にお申込。または、にいがた未来塾

https://vps01756.securesites.net/mira6482/inquiry.phpからお申込みください。

■備 考:本会は満18歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。

40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。

詳細は幹事までお問い合わせ下さい。

<プログラム>

18:30 開場/受付開始

19:00 グループディスカッション開始

19:30 中島様 ご講演

20:20 インターミッション (お料理、お飲み物をお召し上がり下さい)

20:35 グループ発表    (代表者がディスカッションでの意見を発表します)

21:00 中島 様と池田塾長のトークセッション

21:30 中島 様との名刺交換 / フリーディスカッション

22:00 終了

次回のにいがた未来塾、講師は日本貿易振興機構(JETRO)の新潟貿易センター所長の中島紳行さんです。

中島さんは長くJETROの仕事でアフリカに駐在していらっしゃいました。中島さんの考える「日本の輸出先」としての世界観です。

「現在日本の企業は、東南アジアを市場として見ている。近い将来にその市場にはインドが入ってくる、そしてさらにその先にあるのはアフリカである。」

これらどの市場でも、売り方次第で物を売っていくことができる、それが中島さんの考えです。日本は人口の減少期に入るので、国内の市場は縮小して行きます。国内の生産量の維持のためには、海外市場が必要です。以下、中島さんによる各国の現状です。

現在も重要な輸出先であり今後もその拡大が考えられる市場が、発展著しい中国であり東南アジアです。例えば中国では、日本製のクーラーボックスが売れています。中国製品に感じるプラスチック特有の臭いも日本製のものにはありません。そして性能面の差もあり、こうした製品の販路が市場で広がる余地はまだ大きいようです。東南アジアも国民の所得が向上しており購買意欲が高まっております。こうした流れから消費地としての東南アジアが注目されております。

しかし、東南アジアの先にもまだ大きな市場は存在しております。バングラデシュではヤクルトが良く売れています。バングラデシュは衛生状態があまり良くないのでヤクルトの整腸作用が評判を呼んでいるのです。

エジプトでは、味の素が市場で人気を集めています。現地の一番細かい通貨で買えるサイズの袋に入れて販売し、気軽に試せるようにしています。店員も現地の人を採用しています。実際に味の素を食べて「おいしい」と言ってくれた現地の人を採用しています。それらの人から「現地の言葉」で勧めてもらうのです。その結果、予想以上に売れて一時品薄になるほどだったそうです。

南アフリカではソニーのステレオが売れています。アフリカの人は音楽をかけて踊ることが多く、音質よりも音の響きが重視されます。現地の人のそうしたニーズを把握した上で、従来より大きいスピーカーを搭載し、ヒット商品を生み出しました。

このように外国で物を売るためには、ニーズを探り「誰に」「何を」売っていくかを明確にする必要があります。そのために中島さんは世界のマーケットを実際に見ることこそが大事だとおっしゃいます。

実際に行って売れている製品を見て、売れそうな製品を考える。それが大事であり、この考え方を持っていれば、開発途上で高所得者の少ない国でも、誰に何をどう売るのかを見極める事でビジネスチャンスを見出すことができるはずだ、中島さんはそう考えています。そしてその「売れそうな」製品を作れる会社が、新潟には結構あると見ているのです。

ジェトロのスタッフとして多くの国の情報に接してきた中島さん、いま例として上げた国以外でもエピソードや情報をたくさんお持ちです。

次回はそんな「国際派」中島紳行さんをゲスト講師に招き、海外でビジネスを展開していくための視点を考えてみたいと思います。

にいがた未来塾 塾長 池田 弘