<第18回にいがた未来塾のご案内>

ゲスト講師:株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング村山哲二社長
テーマ:「新潟と若者の可能性について」

kao2■期日:平成21年11月16日(月)
■時間:19:00開始(18:30開場)
■会場:clubジョイア・ミーア(新潟市中央区東堀通7番町1016-1/TEL:025-224-2588)
■講師:プロ野球独立リーグ・BCリーグ代表
株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング 代表取締役 村山 哲二 様

[講師プロフィール]
1964年生まれ 柏崎市高柳町(旧刈羽郡高柳町)出身
2006年3月まで新潟県内の広告代理店に勤務。アルビレックス新潟の広告担当として、プロモーション活動、クラブスポンサーサンクスデーの企画、J1昇格・優勝パレードの企画等を担当し、プロスポーツを通じた地域の活性化を現場で体験する。
駒沢大学の先輩である石毛宏典氏との出会いによって野球事業の起業を決意し、2006年7月、株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティングを設立、代表取締役に就任。都合が許す限りアウェイにも参戦するアルビレックス新潟のサポーターでもある。

■参加費:3,000円(懇親会費)
■申込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)または、n.mirai_jyuku@live.jp へお申込みください。
■備考:本会は満20歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。
40歳以上の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事までお問い合わせ下さい。

【プログラム】
18:30/開場。受付開始
19:00/グループディスカッション開始
19:30/村山様ご講演
20:20/インターミッション(お料理、お飲み物をご準備下さい)
20:35/グループ発表 (代表者がディスカッションでの意見を発表します)
21:00/村山様と池田塾長のトークセッション
21:30/フリーディスカッション
22:00/終了

以上

第18回目のにいがた未来塾、ゲスト講師はBCリーグ(ベースボール・チャレンジリーグ)を運営する、株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング社長の村山哲二さん。「新潟と若者の可能性について」をテーマに開催します。

村山さんと言えば、電通マンからBCリーグの経営者に転身した方としてご存知の方も多いと思います。村山さんは大学卒業後、BMWの販売会社に入社、持ち前のコミュニケーション能力で全国の顧客満足度№1に輝くこと度々の辣腕営業マンでした。可能性を広げたいと電通東日本の募集に応募したのが32歳の時、300人を超える応募者の中、競争率100倍を突破しての入社でした。

最初は芽が出ず、「すぐやめていいよ、変わりはいくらでもいる」なんて言われ続けたそうですが、アルビレックス新潟の担当になって転機が訪れました。様々なアイデアを出して食い込み、04年にはアルビ関連で売り上げ3億を記録するまでになりました。

その04年、彼は「野球による地域活性化のビジネスモデル」のいくつかのプランを作成しました。そのうち、「独立リーグを作る」というモデルが私のスポーツへのコンセプトにぴったり一致。独立リーグ立ち上げの責任者にならないか、という打診に対し、彼は「年収1,000万円を軽く超える電通の営業部長」という立場を辞して引き受けてくれたのです。

彼は、セパのプロ野球とは全く違う価値観でリーグを運営していこうと考えました。村山さんがBCリーグの運営理念としたのは「地域のためにある野球リーグ」です。地域の人たち、子供たちのためにプレーするという価値観です。そのために茶髪、長髪、ヒゲ、全て禁止しました。「正しい人間」がやる「正しい野球」を見ていただこうというのです。

その理念に共鳴する地元企業から、何人かの選手に採用のオファーが来ているのをご存知でしょうか。選手が選手生活を終えたら、是非我が社で社員として働いて欲しい、というのです。村山さんは「本当の選手のゴールは選手生活を終えたあとにある」と考えています。立派な社会人としてこのリーグで育て送り出そうと言うのです。

私も、スポーツは人間をいろんな面で育てると考えています。礼儀作法、頑張りぬく力、共同作業、コミュニケーション能力・・・人間として是非身につけたい数々の要素をスポーツが養うのです。

未来塾では、新しいフィールドで可能性を広げていった村山さんに様々な興味深いお話をしていただけるものと思います。素晴らしい秋の夜になるでしょう。今回もたくさんの参加者を期待しています。

にいがた未来塾 塾長 池田 弘