<第46回 にいがた未来塾 ご案内>

nishimuraゲスト講師・公益財団法人 環日本海経済研究所

      代表理事・所長???西村 可明 氏

テーマ・?? 「北東アジアの中の新潟」

?

■期 日:平成24年3月26日(月)

■時 間:19:00開始(18:30開場)

■会 場:clubジョイア・ミーア 

      新潟市中央区東堀通7番町1016-1

      TEL:025-224-2588

?■講 師:公益財団法人 環日本海経済研究所

      代表理事・所長  西村 可明 様

?

[ 講師プロフィール ]

昭和49年3月  一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位修得

昭和60年6月 一橋大学経済研究所 教授

昭和61年3月 一橋大学経済学博士

平成14年3月 一橋大学経済研究所 所長(平成16年2月まで)

平成15年7月  日本学術会議会員(平成17年7月まで)

平成16年12月 一橋大学 副学長(平成20年11月まで)

平成21年1月  財団法人環日本海経済研究所 所長

平成21年4月  帝京大学経済学部 教授

平成22年4月  財団法人環日本海経済研究所 理事長・所長

平成22年9月  公益財団法人環日本海経済研究所 代表理事・所長

         (公益財団法人移行に伴う名称変更)

著 書: 『現代社会主義における所有と意思決定』岩波書店

     『社会主義から資本主義へ?ソ連・東欧における市場化政策の展開?』

編 著: 『市場経済化と体制転換』ジェトロ

     『旧ソ連・東欧における国際経済関係の新展開』日本評論社

     『ロシア・東欧経済?市場経済移行の到達点?』日本国際問題研究所

共編著: 『ロシアの市場経済化?日本の経験と知的支援?』(米村紀幸)

      サイマル出版

?

■参加費:2,000円(懇親会費)

■申 込:にいがた未来塾幹事(ご紹介者)にお申込。または、にいがた未来塾

      HP http://www.niigata-miraijuku.jp/ からお申込みください。

■備 考:本会は満20歳から満39歳までの志ある方を対象とした会です。40歳以上

?????????????? の方で参加を希望される方はオブザーバー参加となります。詳細は幹事

?????????????? までお問い合わせ下さい。

?

<プログラム>

18:30 開場/受付開始

19:00 グループディスカッション開始

19:30 西村様 ご講演   

20:20 インターミッション(お料理、お飲み物をお召し上がり下さい)

20:35 グループ発表    (代表者がディスカッションでの意見を発表します)

21:00 西村様と池田塾長のトークセッション

21:30 西村様との名刺交換 / フリーディスカッション

22:00 終了

????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 以上

第46回となる次回のにいがた未来塾、講師は公益財団法人環日本海経済研究所(通称ERINA)の代表理事・所長の西村可明さんをゲスト講師にお迎えし、「北東アジアの中の新潟」をテーマに開催いたします。

?西村さんのご専門は「移行経済」の研究です。環日本海の状況は、ロシアや中国を代表として、まさにその「移行経済」の真っただ中にあります。対して、全く移行の気配がないのが北朝鮮です。

では、社会主義から資本主義・市場経済への移行の最中にあって、その道のりは、「上り坂」だと考えますか?それとも「下り坂」だと考えますか?普通に考えれば「上り坂」なんでしょうけれど、西村さんのお答はちょっと意外かもしれません。当日は、そんなお話もしてくださると思います。

そして、環日本海時代にあって、新潟がその中心に位置する存在になるために必要なものとは何か?そんな観点からもお話しいただけると思います。

21世紀、地球を覆うグローバル化の波の中、北東アジアは世界で最も注目される地域の一つです。そうした状況にあって、西村さんが代表理事を務められる環日本海経済研究所(通称ERINA)は、1993年に設立された後、活動対象が北東アジア全体であるという特殊性もあって、大きな役割を担ってきました。

今では「北東アジアで分からないことがあったらエリナに聞け」そんな認識が定着しつつあります。世界の研究者や経済・行政関係者が、情報収集のために新潟に足を運ぶようになってきています。まさに新潟が情報の交差点となり、ネットワークやビジネス誕生の舞台となってきているのです。

今年はウラジオストクでAPECの主脳会議が開かれます。また日本のメーカーのロシア進出などで、再びSLB(シベリア・ランドブリッジ)が注目されています。一層ダイナミックに動き出している北東アジア、その情報拠点としてのエリナの役割がますます注目されています。

次回のにいがた未来塾、西村さんをお迎えして、「北東アジアの中の新潟」をじっくり考えてみる事にしましょう。

にいがた未来塾 塾長 池田 弘

?